千葉 房総 古民家の家具製作スタジオ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
八角ワインテーブル

 

天板八角形のワインテーブル 無塗装

天板:ブヒンガ 脚部:マホガニー

普段私は設計図無しで製作することが多いのですが

初めてパソコンで作図してみました。

しかーし、途中で設計図を無視....

「だって木を触っているうちに変わるでしょう...」

言い訳

端材の家

家具を作っていると色々な形の積み木状の葉材が出ます。

偶然建物みたいなものが出たので角のみで窓を開けて

遊んでみました。大草原の幸せな家と崖っぷちの独房。

君はどちらが好みかな。

悪ガキ用初めての椅子 もとい 自然派御子息様用ファーストチェアー

 

ケヤキ自然木使用幼児用椅子

木工旋盤は持ってないのでひたすら手作業です。

自然木は歪み、サイズ違いでかえって大変。

幼児用椅子

IMG_1782.jpg

 

試作1/2サイズ

椅子の構造を考えるため1/2サイズで製作したら

ちょうど幼児用椅子になってしまいました。少し

幼児用には高いので脚部を切り詰め座面は15cm。

また、脚部の太さは1/2にしなかったのでコロコロ

と大型犬の仔犬みたいに。

自家用花台

jikahanadai.jpg

 

自家(古民家)用花台

畳の部屋にはスツールでは高すぎるので

高さ30cmの物を製作。和室は目線が低いので

この位が落ち着きます。ケヤキ、マホガニー材。

古民家欅古材大黒柱

 

数年前に入手してた大黒柱の古材を製材して椅子の背に

してみました。いつか何かにしようと思っていましたが

見つめているうちにこんな形になりました。

組んであった掘り跡そのままに大工さんに敬意を。

いつもの事ですが設計図無しで材が答えてくれるまで

じーっと待つので時間がかかりますね。

2段重ねキャビネット

2段重ねキャビネット

 

また、いつものように設計図なしで始めてるので

刻んでる間に「これどこのホゾ?」とならないように

一応メモを置いてあるのですがだんだんメモがずれて、、、

だいじょうぶかなぁ

 

ジャン!

大丈夫。途中考え込んだけど結果オーライ。

頭の中だけでもきっちり完成です。

花台習作

花台習作

 

なにか懐かしい日本的であり、西洋風でもある花台を見つけたので

耳コピならぬ目コピ?で製作してみました。

シンプルなものだけにバランスが大切。

今ある材、機械、手道具、技術、才能、全て使って超真面目に製作。

元のものに失礼の無いよう、コピーだけでは終わらないように。

高さ90cm マホガニー(?)

地獄ホゾ! スツール

スツール.jpg

 

三脚と四脚のスツール。

 

スツールは構造が割合単純なので全体のバランスが

とても気になります。座面、脚の太さ、開き具合、等等で

野暮ったくなりやすいものです。そこで強度とデザイン

を考え「出来るもーん!」で斜め通しホゾや地獄ホゾの

出番となりました。ところが、最初なめていたのですが

斜め通しホゾの角度をつけて綺麗に貫通させることや

やり直しの効かない地獄ホゾの締まり具合で手こずり

見事一脚失敗!また自家用が増えてしまいました。

 

杖!

 

 

なんだかなあ・・・杖製作

寒さが続いているせいか椅子2脚製作と裏山の手入れ

してたら腰が変!?な感じ。途中で中止すれば良いのに

そのまま続行してたら遂に動けなくなりダウン。

病院通いのかたわら杖製作。馬鹿ですねもっと痛くなった。

グリップはもみじ、柄はケヤキ。

もうこんなの作りたくないなあ。