千葉 房総 古民家の家具製作スタジオ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
濡れ縁製作

 

濡れ縁製作

 

裏庭がどうしても裏の感じなので濡れ縁を作ってみました。

5年前に伐採した裏山のヒノキですが色々使っているうちに残り僅かに。

節、割れ、腐れの端材を寄せ集め、それでも足りないので

バンドソー製材でなんとか間に合わせました。土台の石は

縁の下に転がっていたものを形成。大谷石かな?削るのは

柔らかいので楽です。ただその分水分が上がるかもですが、

軒下なので良しとしましょう。この濡れ縁で気が付いたことがあります。

上部板を張るのに最初錆びないようにとステンレスのコースレッド

(木ねじ)を使用したのですがなんとも落ち着かないのです。

翌日全部外してステンレスの釘に変えてやっと落ち着きました。

そうですコースレッドを使うと流行のデッキ風になってしまうのですね。

それで・・・裏の感じは・・・少しだけ”裏”脱出したと思いたいです。

地獄ホゾ! スツール

スツール.jpg

 

三脚と四脚のスツール。

 

スツールは構造が割合単純なので全体のバランスが

とても気になります。座面、脚の太さ、開き具合、等等で

野暮ったくなりやすいものです。そこで強度とデザイン

を考え「出来るもーん!」で斜め通しホゾや地獄ホゾの

出番となりました。ところが、最初なめていたのですが

斜め通しホゾの角度をつけて綺麗に貫通させることや

やり直しの効かない地獄ホゾの締まり具合で手こずり

見事一脚失敗!また自家用が増えてしまいました。

 

杖!

 

 

なんだかなあ・・・杖製作

寒さが続いているせいか椅子2脚製作と裏山の手入れ

してたら腰が変!?な感じ。途中で中止すれば良いのに

そのまま続行してたら遂に動けなくなりダウン。

病院通いのかたわら杖製作。馬鹿ですねもっと痛くなった。

グリップはもみじ、柄はケヤキ。

もうこんなの作りたくないなあ。

春待ち椅子

 

春待ち椅子

 

今年はここ房総でも寒さが厳しい。

暖かいと思って越してきたのになんだよーな感じです。

例年耐えられないほどではないので工房に暖房設備は無く

色々考えましたがもう機械でいっぱいになってしまって

余裕もありません。冷え〜〜た中で完成した椅子。

名前は春待ち椅子。じっと待つのだ。

あれ〜!の桧

IMG_1220.JPG

 

巾20cm厚さ10cm長さ4mの桧

 

友人宅を改装するため友人宅(古民家)に保存してあった桧

割ってみたらこんな状態。うーん残念!積み重ねて保存して

あった時黒くでかい蟻が多くいたので心配だったのですが、、。

節も少なくかなり良材に見えたので使えると思ったのですが

半分スカスカです。この辺の古民家によくあるのですが

いつか使うだろう古材が保存してあり、代が変わって住宅事情

も変わってしまい使わないまま朽ちていくものが多いようです。

特に欅、桧、のような高価な材は自分の山から出たものを

次の代が家を建てる時用に保存しておいたのですね。

ですが現場で刻んで大黒柱や梁なんかを造る大工さんも居ないし

この辺りでもピンクのサイディングなんてのが多いですから。

 

 

 

なんじゃこりゃー

IMG_1207.JPG

 

なんじゃこりゃ〜!の屋根

古民家(住い)の西側屋根の瓦がずれてきたのでちょっと

剥がしてみたらこんなことになっていました。前から湿っぽくて

気にはなっていたのですが、、、野地板、垂木ズブズブで

ルーフィングもボロボロ。ここの西側は杉の木が植えてあって

まったく日が差さないしその枯葉が樋に詰まっていて修理痕

が痛々しい所でした。でもなあマサカこれ程とは。

大抵の物は修理、製作、してしまうのですが

屋根は手を出さないと決めているので(危険と言うより怖い)

プロにお任せなのですがうーん庇部なので梯子で修理。

大屋根は高く急勾配なので無理ですが、なんとか応急手当

の次ぐらい(耐久10年?)の処置。

格子、格子、格子

IMG_1133.JPG

 

IMG_1240.JPG

 

格子戸

最近格子戸製作が多いのです。

建具屋さんではないのであまり製作しないのですが

何枚か作ってるうちに少し上手くなってしまいました。

どうして?と思われるかもしれませんが

自分でお進めしてしまっているのですね。

結構大変だし単調な仕事なのであまり得意とは

してないのですが喜んでもらえると調子に乗ってしまうのです。

 

小型仏壇

小型仏壇製作

 

butudan.jpg

 

我が家は古民家なのでも立派な仏壇が作り付けでありますが

マンションや最近の家事情にはむりがあります。

そこで小型で優しく現代の家のもマッチするものを考えました。

前扉は欅一枚板を手作業で曲面を出してあります。

私は無宗教ですが無神論者ではないので丁寧に丁寧に

曲面を削り出してあります。

 

全体は欅でアクセントにブヒンガ、ブラックウォールナット。

 

ガレージ製作

ガレージ製作

 

ガレージ1.JPG

 

この辺りは少し高台になってる為か西風が強い時があるので

基礎を頑丈に!70cm掘って60x60cm底面にしてコンクリートを

流し込みました。まあコンクリート入るわ、入るわ、

計算はしていたのですが感覚半分で始めるので何時もこうですね。

ついでに鉄筋も入れて、、頑丈第一!何事も基礎が大事と言いますから。

(私に基礎工事の基礎が無いからですね。)

 

下の画像が完成図。

裏山のヒノキを2年前に刻んでおいた物ですが2年もほっといたので

ホゾが合わない、せっかくの金輪接ぎが捻れて合わない、で、無理やり

はめ込んだら割れそうになったりとたいへーん。見えないところで

コースレッド(木ネジ)叩き込んで落ち着いてもらいました。

 

ガレージ2.JPG

ダイニングテーブル

堤邸.jpg

 

新築、改築によりご依頼されていた椅子とテーブル納品できました。

テーブルが大きいのでクレーンでの搬入。施主様のご希望で材は

山形の杉と欅古材を取り寄せての製作です。おかげさまで気持の

良い仕事になりました。ありがとうございます。