千葉 房総 古民家の家具製作スタジオ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
悪ガキ用初めての椅子 もとい 自然派御子息様用ファーストチェアー

 

ケヤキ自然木使用幼児用椅子

木工旋盤は持ってないのでひたすら手作業です。

自然木は歪み、サイズ違いでかえって大変。

幼児用椅子

IMG_1782.jpg

 

試作1/2サイズ

椅子の構造を考えるため1/2サイズで製作したら

ちょうど幼児用椅子になってしまいました。少し

幼児用には高いので脚部を切り詰め座面は15cm。

また、脚部の太さは1/2にしなかったのでコロコロ

と大型犬の仔犬みたいに。

自家用花台

jikahanadai.jpg

 

自家(古民家)用花台

畳の部屋にはスツールでは高すぎるので

高さ30cmの物を製作。和室は目線が低いので

この位が落ち着きます。ケヤキ、マホガニー材。

古民家欅古材大黒柱

 

数年前に入手してた大黒柱の古材を製材して椅子の背に

してみました。いつか何かにしようと思っていましたが

見つめているうちにこんな形になりました。

組んであった掘り跡そのままに大工さんに敬意を。

いつもの事ですが設計図無しで材が答えてくれるまで

じーっと待つので時間がかかりますね。

家の作りやうは夏を旨とすべし

「家の作りやうは夏を旨とすべし。」

の古民家は冬は寒いべし!

で、欠損してた元土間と座敷の境目の

板戸障子製作。少しは暖かくなったような。

古民家の歪みに合わせて歪んだ建具作るのは

あまり嬉しくないのですね。

建具はきっちり作ってなんぼでしょう。

 

これは裏山の杉です。

 

ジャッキアップ?ダウン?

古民家の必需品ジャッキ!

 

今時古民家は大抵木製の戸は取り払われアルミサッシに

変えられています。長年の風雨で歪んだり腐ったりで

すべりが悪くなり、そんな時にアルミサッシ

が出現したもんだからみなさん飛びついたのですね。

そらあ狂いにくいし軽いし腐りにくいしスウーッと動くし

便利便利。木製は貧乏くせーと。しかーし、家全体が歪むと

アルミサッシは調整に限度があるし開かないとなると開かない!

そこで考えました。両脇が下がっているのを持ち上げるのは

シンドイ。んじゃ中央下げれば良いじゃん。

で中央を持ち上げてホゾ分残し短くしてジャッキ外して

沈み込みを利用して、、ほら軽く動くようになった。

けど長年歪んでたので隙間が、、、ま、徐々に下がってくるでしょう。

ホゾ穴は大抵ゆとりをとって深く掘ってあるので大丈夫だったのですが

全ての大工さんがこうしたかどうかは分かりませんので

まねして失敗しないようにしましょう。

 

あ、家具作るのなら戸も作ればという声が、、

でも歪んだ家にあわせて歪んだ物作るのは

どうもなあ、なのです。

 

2段重ねキャビネット

2段重ねキャビネット

 

また、いつものように設計図なしで始めてるので

刻んでる間に「これどこのホゾ?」とならないように

一応メモを置いてあるのですがだんだんメモがずれて、、、

だいじょうぶかなぁ

 

ジャン!

大丈夫。途中考え込んだけど結果オーライ。

頭の中だけでもきっちり完成です。

花台習作

花台習作

 

なにか懐かしい日本的であり、西洋風でもある花台を見つけたので

耳コピならぬ目コピ?で製作してみました。

シンプルなものだけにバランスが大切。

今ある材、機械、手道具、技術、才能、全て使って超真面目に製作。

元のものに失礼の無いよう、コピーだけでは終わらないように。

高さ90cm マホガニー(?)

濡れ縁製作

 

濡れ縁製作

 

裏庭がどうしても裏の感じなので濡れ縁を作ってみました。

5年前に伐採した裏山のヒノキですが色々使っているうちに残り僅かに。

節、割れ、腐れの端材を寄せ集め、それでも足りないので

バンドソー製材でなんとか間に合わせました。土台の石は

縁の下に転がっていたものを形成。大谷石かな?削るのは

柔らかいので楽です。ただその分水分が上がるかもですが、

軒下なので良しとしましょう。この濡れ縁で気が付いたことがあります。

上部板を張るのに最初錆びないようにとステンレスのコースレッド

(木ねじ)を使用したのですがなんとも落ち着かないのです。

翌日全部外してステンレスの釘に変えてやっと落ち着きました。

そうですコースレッドを使うと流行のデッキ風になってしまうのですね。

それで・・・裏の感じは・・・少しだけ”裏”脱出したと思いたいです。

地獄ホゾ! スツール

スツール.jpg

 

三脚と四脚のスツール。

 

スツールは構造が割合単純なので全体のバランスが

とても気になります。座面、脚の太さ、開き具合、等等で

野暮ったくなりやすいものです。そこで強度とデザイン

を考え「出来るもーん!」で斜め通しホゾや地獄ホゾの

出番となりました。ところが、最初なめていたのですが

斜め通しホゾの角度をつけて綺麗に貫通させることや

やり直しの効かない地獄ホゾの締まり具合で手こずり

見事一脚失敗!また自家用が増えてしまいました。